ホーム > 用途・業種別 > 医療 > ワクチンの温度管理

ワクチンの温度管理 1件の商品

ワクチンの保管は、常に最適な温度に保たれていることが重要です。ワクチンの保管に関しては、アメリカ疾病予防管理センター (CDC) のガイドラインに基づいた管理が必要です。

ワクチンの保管温度は、5℃に設定し、温度幅は2℃から8℃の間である必要があります。適切な温度が確保されていることを確認するために、データロガーの温度センサーは、冷蔵庫の中心における液体充填ボトル(例えばグリコールなど)に入れる必要があります。

保管温度のデータは、ガイドラインに従って、電子記録として少なくとも3年間保管しなければなりません。データロガーで収集したデータは、FDA 21 CFR Part 11 に準拠・対応しているMadgeTech社のMadgeTech 4 Secure ソフトウェアで解析可能です。