ホーム > データロガー製品 > 温度データロガー > 超低温・ドライアイス用 温度データロガー

温度データロガー Cryo-Temp (超低温用、ISO/IEC17025校正証明書付)

商品コード:
販売価格(税抜):
85,000
超低温用温度ロガー CRYO-TEMP は、赤血球、血漿、ワクチンや医薬品等の冷凍保管やドライアイス詰めでの輸送温度管理のために開発された-86℃の超低温下で連続使用ができる温度データロガーです。CRYO-TEMP は、温度センサーと温度記憶部が一体型のため、データロガー本体を直接-86℃の超低温下に設置して、長期間の温度モニタリングが可能です。

記憶容量は、32,767メモリーと膨大で10分間隔の測定では、227日間の温度測定が行えます。また、指定したアラーム温度や警告温度に達すると、赤色と黄色LEDの3秒間隔の点滅で温度がアラーム温度や警告温度になっていることをお知らせします。

グラフの拡大や測定の最高・最低・平均値計算やアラームの発生回数や時間を表示することもできます。また、ソフト画面にあるExcelアイコンをクリックすると自動でExcelが立ち上がり、測定データをExcelで見ることも可能です。メディカルや医薬品の温度管理用にセキュリティを強化したFDA (21CFR Part11要求) 対応ソフトも用意しています。

Windows対応のソフトウェアは簡単に温度データをグラフ表示します。マウスをクリックするだけで、時間/数値表の表示やExcelへの転送、グラフの拡大やスキャン等がおこなえます。ご要望に応じ、オプションでトレーサビリティのあるNIST(アメリカ国立標準技術研究所)校正証明書付きでお届け可能です。

<用途>
血液・赤血球・血漿・ワクチン・冷凍した組織・医薬品等の超低温冷凍保管ならびにドライアイス入りでの輸送温度管理、超低温冷凍庫・倉庫の温度管理、超低温研究等多種
パンフレットダウンロード
仕様
測定範囲  -86〜+35℃ メモリー数  32,767
分解能  0.1℃ 測定間隔  5秒〜30分の範囲で自在
 精度  ±1℃ 以下 使用電池  特殊3.6Vリチウム電池
チャンネル数  1 電池寿命・電池交換  約1年/メーカーにて2回まで電池交換可能
アラーム  最低・最高アラーム温度指定
 注意:黄色LED点滅
 警告:赤色LED点滅
 正常:緑色LED点滅
サイズ・重量  本体:83 x 54 x 11 mm
 重量:40 g
センサータイプ  サーミスタ 付属品  操作マニュアル