ホーム > データロガー製品 > 温度データロガー > 超低温・ドライアイス用 温度データロガー

液体窒素温度モニタリングシステム LNDS (NIST校正証明書付)

商品コード:
販売価格(税抜):
160,000
LNDS は、液体窒素による極低温での保管が必要とされる物質の温度管理のために、特別に設計された温度データロガーシステムです。

液体窒素温度モニタリングシステム LNDS は本体内部にも温度センサーが内蔵されているので、外部温度/内部温度(測定場所)の2チャンネル同時にモニタリングが可能です。また、131, 071メモリー / チャンネル と膨大なメモリー数のため、長期間の温度測定に対応します。
温度データロガー(TCTemp2000)を液体窒素凍結保存容器やフリーザーの外部に取り付け、温度センサープローブを液体窒素凍結保存容器内に装填します。
容器内の温度は常に温度データロガー(TCTemp2000)のLCD画面で見ることができます。本体には8個のキーがあり、簡単なキー操作で測定中の最高・最低・平均温度・現在温度をリアルタイムで確認することが可能です。

測定のプログラムと温度データの読み込みは、LNDS 本体とUSBケーブルで解析ソフトをインストールしたパソコンに接続します。特別な読取装置は必要ありません。Windows XP/7/8/10対応の日本語版ソフトウェアは簡単に温度データをグラフとを数値表とグラフで表示します。測定データはExcelで表示することも可能です。電池の交換はご自身で行うことができます。

LNDS液体窒素温度モニタリングシステムは TCTemp2000、温度センサープローブ、NIST校正証明書等をセットにしてお届けします。

本体の特徴:
● メモリー数: 131, 071 / チャンネルと膨大
● 大型バックライト付きLED表示
● 内部温度と外部熱電対E-タイプ温度を表示
● 最高・最低・平均温度表示
● 電池又はACアダプター使用可能

用途:
● 液体窒素保管の温度管理 等
パンフレットダウンロード
仕様
測定範囲  内部温度:-20〜+60℃
 外部温度:-260〜+260℃
メモリー数/
チャンネル数
 131, 071 / チャンネル
 2チャンネル(外部温度・内部温度)
分解能  内部・外部温度:0.1℃ 測定間隔  2秒に1回から24時間に1回(自在選択)
 精度(校正後)  内部温度:±0.5℃
 外部温度:±0.5℃
使用電源  9Vリチウム電池1個(電池交換可能)
 又は、ACアダプター
使用環境  温度:-20〜+60℃(本体)
 湿度:0〜95% RH以下(結露なきこと)
電池寿命  約1年 (1分間隔測定でLCD表示なしの場合)
 約30日(1分間隔測定でLCD表示ありの場合)
サイズ・重量  22 x 84 x 32 mm
 重量:440 g
解析ソフト対応OS  Windows XP, Vista, 7, 8
センサープローブ
サイズ
 プローブ: 4.76 mm x 152 mm
 ケーブル長: 91.4 cm
セット内容  TCTemp2000温度データロガー、
 熱電対E-タイプ温度センサープローブ、
 解析ソフト・USBケーブル、NIST校正証明書、
 ACアダプター、操作マニュアル